韓国語の案内を充実させて、より強固なインバウンドの利益を確保

Pocket

訪日する外国人観光客と言えば、昨今はもっぱら中国人の方々を指す言葉になりました。
実際に先には爆買いなる言葉も世間的に大ブームとなり、多くの観光施設や温泉地、商業施設がその恩恵を預かりました。
ただ、安定的に多くの観光客が訪れている国と言えば、お隣韓国です。
韓国と日本は社会システムや経済、そして文化的にも共通点が多く、韓国の方々が観光で訪れやすいです。
中国人観光客の誘致が済んだら、続いてはお隣韓国です。
インバウンド観光の利益をより強固な利益を確保したいなら、中国語や英語に次ぎ、韓国語の表記も進めましょう。
地域全体で韓国語表記の案内や看板、サインボードなどを設置していけば、日本に観光へ訪れる主要な国々の人々全てに対応した、一大観光エリアとなります。
韓国語訳の準備に関してですが、他言語と同様に、プロのインバウンド翻訳サービスを使うのがおすすめです。
素人が辞書片手に訳を付けた場合、なにかの手違いで韓国の方々に不快な思いをさせてしまう可能性があります。
せっかく改善の兆候が見えて来た日韓関係、素人の翻訳で再び冷え込ませては一大事ですので、迷う事なくプロのインバウンド翻訳を使うのがおすすめです。