インバウンド観光の利益を能動的に得るためには?

Pocket

中国人観光客による大量のお土産購入が昨今話題です。
爆食ならぬ「爆買い」として流行り言葉にもなりました。
かつての日本が経験した高度経済成長期を今、中国が経験しており、富裕層は勿論の事、いわゆる中間層の方々も大勢、観光目的で来日なさっています。
家電量販店やホテルやドラッグストアなどは中国人観光客による爆買いの恩恵をダイレクトに受けています。
日本製の家電や健康補助食品、お菓子や化粧品など高品質、何より安全性が高い製品として爆買いの対象となっています。
インバウンド観光による利益は各地域に及んでいます。
今は東京や大阪などの都市部を中心にその恩恵が及んでいますが、いずれ地方の観光地とインバウンド消費の利益が行き渡ります。
ただ、日本の観光地は各地に点在しているため、ただ漠然と待っているだけでは中国人観光客の誘致が行えません。
インバウンド観光の利益を能動的に得たいなら言葉の壁を対策する必要があり、日本語オンリーの看板や説明ばかりではなく、翻訳サービスを使い、観光を快適に楽しんでもらうため中国語表記のガイドブックやサインボードを準備・設置していくのが鍵となるでしょう。