インバウンド消費を取り込み、経営状況の改善を目指すなら

Pocket

インバウンド消費の特需をどう自分のビジネスに関連付けるか、それが現代の店舗経営の明暗を分かつキーとなりました。
勿論日本人の一般消費者へのマーケティングは最も大事です。
地元の常連客を優先する事こそ日本的ビジネスの正攻法です。
ただ、少子高齢化社会の到来や地域経済の沈下、東京一極集中などの環境変化を受けまして、特に地方の個人経営店はかなり厳しい経営を強いられています。
インバウンド消費は長続きしない、文字通り特別な需要、特需と指摘されていますが、目前の経営状況を改善するためには、外国人観光客の誘致を優先すべき戦略も大いにあります。
外国人観光客による特需取り込みを効果的に伸ばすためには、一にも二にも外国人観光客が来店しやすい環境を構築する事です。
インバウンド翻訳のサービスを積極的に利用して、店舗のバイリンガル化を進めましょう。
最低でも英語、中国語、そして韓国語の3大言語の表記があれば、国外から来日する富裕層のニーズに応えられます。