グローバリゼーションが進む日本企業

Pocket

今日では業種に関わらず、現場での国際的な交流が盛んになってきました。
同僚が英国の方、上司が米国の方、クライアントか中国の方といったケースも珍しくありません。
英語を社内公用語に採用する大手IT企業も登場し、国際化に後れを取っていたと指摘される日本ですが、近年ではむしろ加速的にグローバリゼーションを推進し始めています。
ただ、普通のサラリーマンからするとまだまだ英語は難しいスキルである事に変わりはありません。
Eメールの和訳、ビジネス文書の英訳などのお仕事を任されると、正直困惑してしまう方々の方が国内には多いと思われます。
英語辞典やネットの無料翻訳サイトを活用すれば、何とか日本語を英訳することや、英文を和訳する事は可能です。
しかし、それが読み難い仕上がりであれば、今日のビジネスシーンには残念ながら使えません。
余程自信がない限りはそういった仕事はプロの翻訳サービスに委託した方が正解です。
大事な商談、取引に関する文面にもし大きな誤訳があれば、自分のミスが原因で企業間の信頼関係に大きな傷が入ってしまいます。