新しい顧客を開拓するために、インバウンド翻訳サービスを活用

日本は小さな島国ですが、世界に誇るべき色々な文化財と高品質の技術があります。
海外の人々が大昔の頃から「黄金の国ジパング」と呼ばれており、江戸から明治にかけて日本の国を訪れた外国人のエリート層が皆、口を揃えて近隣諸国とはまるで違う特別な文化圏だ、と評した通り、良い意味で昔から不思議な国でした。
歌舞伎や日本刀やお寿司などを体験するために、今でも大勢の外国人観光客が来日しています。
LCCやインターネットの発達によってか、今日本を訪れる外国人観光客の数が史上で最も多くなりました。
かつては経済的に日本に興味があっても訪れる事が難しかったアジア諸国の人々も、今では母国の経済発展の恩恵を受けまして、気軽に来日出来る時代となりました。
日本人の間では依然として節約志向が強く国内消費はどの分野も伸び悩んでます。
企業の多くが業績の下方修正をしている昨今、新しい顧客として注目されるのが外国人観光客です。
インバウンド消費は一時のものであり、いずれ鈍化するとの指摘がありましたが、その指摘がなされから既に数年が経過しましたが、鈍化するどころか、むしろ外国人観光客の数は鰻登り、今後共増加がむしろ予想されています。
新しい顧客である外国人観光客を効果的に呼び込むためには言語のハードルを取り払う事が最も大事です。
せっかく素敵な伝統的な文化、外国人観光客が好むサブカル系アイテムを充実させても、この素晴らしさが英語やドイツ語で説明されていなければ、道行く人々には伝わりません。
インバウンド翻訳サービスの力を借り、ショップ内に英語のマニュアルや商品説明を準備すれば、現場のスタッフが最低限の英会話をマスターするだけでOKになります。
日本の匠の技、漫画やアニメ等のサブカル系文化を目当てに来日する人々は近年急増しており、新しい顧客をいかに取り込むか、それが日本企業の業績回復を決定づける要因となります。