需要が大きくなっている英語翻訳

グローバリゼーションが進めば進むほど、翻訳の必要性は増しています。
日本で働く外国人の数や訪日外国人の数は年々増えていますし、国内だけでは発展は見込めないと海外展開を視野に入れる企業も増えています。
そのため、翻訳の需要が大きくなっているわけです。
もっとも需要が高いのは日本語と英語で、英訳・和訳ともに需要があります。
どちらかといえば、和訳の需要が高くきちんと和訳ができる人材が少ないため、料金設定も和訳のほうが高めになっています。
これから英語翻訳を仕事にしようと思われているのなら、きちんと日本語が理解できたうえで和訳ができるようになることを目指したほうがいいでしょう。
英訳と和訳のどちらにしても、求められているのは初級レベルの人材ではありません。
グローバル化の社会が進めば、今よりさらに難易度の高いレベルを求められることは確かでしょう。
これからの時代に通用できる人材になるには、今のうちに十分に力を磨いておくことが大切です。

タイ語にも対応する時代がやってきました

訪日外国人の人数が過去最高を迎えた日本では、外国人客に快く過ごしてもらうための、おもてなしを行わないといけないです。
日本のおもてなしを受けるには多言語での案内が必須になります。
有名な観光地でみられる案内のほとんどが英語・中国語・韓国語が多く目立ちます。
近年では、タイ人の観光客も激増しているので、宿泊施設や飲食店等でもタイ語の案内を表示しないと、タイ人のお客様が満足しない滞在になってしまいます。
見ての通り、タイ語は非常に難しく、読み書きができる人はきわめて少ない状態です。
少しでも多くのタイ人を迎えたいと考えている宿泊施設や飲食店のオーナーは良心的な料金で請け負ってくれる業者に翻訳を依頼することが性急に求められます。
インターネットでの案内やパンフレットやメニュー表等にタイ語で翻訳されると、思い通りのサービスやメニューを注文できます。
日本での最高のおもてなしを受けることでタイ人のリピーター客を増やしていくきっかけになります。