ビジネスメール作成はプロの知恵を借りて

翻訳の作業を問題なく進めるためには、基本的な英語力に加え、現地のカルチャーに精通した経験が必要です。
例えば、cleverといった英単語ですが、辞書的に日本語に訳すると「賢い」という意味合いになりますが、米国の俗語的な表現では「ずる賢い」というニュアンスを含みます。
相手に対して「賢明である」という事を伝えたいなら、smartといった英単語をチョイスした方が無難です。
このsmartも日本国内ではSlim、痩せ型であるといったニュアンスでよく使われていますが、米国では知的、スタイリッシュである事を意味します。
cleverは日本人がうっかり海外の人々に使ってしまい、トラブルが起きやすい英単語でもありますし、またこれ以外にもRevengeやsweet等、国内と米国ではかなりニュアンスが異なる簡単な英単語は数多いです。
日本語の文書を英訳する作業は原則としてプロに依頼した方が適切です。
そういった細かな英単語のチョイスを日本人の視点だけで考えるのは難しいですし、もし一人で大事なビジネスメールを英訳してしまうと、伝えたいニュアンスが伝わらず、逆に相手に不快な思いをさせてしまいます。

インバウンド拡大対策とタイ人観光客の増加

観光客向けビザの緩和によって、タイ人の方々にとり日本は訪れやすい国となっています。
インバウンドが拡大を続けている今、タイ語に対応することは、タイ人観光客を惹きつけるために必要なサービスです。
平成24年訪日タイ人観光客向けに数次ビザがスタート、平成25年15日以内ビザ免除と次々とインバウンド拡大対策を採ったことで、平成24年度時点に比べ訪日タイ人観光客は3倍に増えています。
バンコク・福岡空港間に航空路線も就航し、訪日タイ人観光客は今後増え続けるに違いありません。
このインバウンド拡大路線は、日本国内の観光地にとって大きな商機を得られるチャンスです。
旅行ガイドブックやフロアマップ、パンフレットなど、タイ語に翻訳することで訪日タイ人観光客を集めることができるでしょう。
翻訳ができる人材がいないとお困りなら、翻訳サービスを利用されてはいかがでしょうか。
ネイティブに依頼できるだけでなく、リーズナブルな料金で高品質なサービスを受けることができます。