より能動的で積極的な外国人誘致を目指すなら

昭和の時代と比較すれば確実に日本の国はグローバル化に成功しています。
元々閉鎖的な風土が少し見られた日本の国ですが、今では人種や文化や哲学等に関係なく、文字通り欧米諸国からアジア諸国、その他の地域の人々が仕事や学業、そして観光に訪れています。
来日する外国人の方々が口を揃えて褒めるのが、いわゆる日本人のおおらかさと優しさです。
特別なおもてなしが受けられる、気軽に道を尋ねやすい、観光客や留学生だからとって差別される事が無い、意外かもしれませんが、これらの要素を満たす国は世界的にも稀有です。
ただ、まだまだグローバル化が道半ばであるのも事実で、日本の国は日本語しか人々が満足に話せない状態のままです。
のため、外国人の方からすると質問は出来ても有効な答えが得られない悩みがあります。
そのため、観光地やホテル内には英語表記、フランス語表記、そして中国語表記の看板や案内が欲しい、と感じている方々が多数です。
外国人の方々をこれからより多く受け入れたいと考えているビジネスパーソンの方々はインバウンド翻訳サービスを活用し、より能動的な誘致活動を目指してみましょう。

観光立国として成長を続けるニッポン

東京五輪招致のプロモーションのキャッチコピーとして使われた「おもてなし」という言葉が、以前流行語として選ばれました。
日本の国は今や世界に名だたる観光立国へと成長を遂げようとしています。
観光名所が各地に点在している日本の国は、国自体がレジャーランドのようなものです。
東京や大阪、奈良や京都には連日多くの観光客の方々が訪れています。
今どきの外国人観光客の多くがスマートフォンを利用しています。
そのため、言語の壁は以前程無く、観光客の中には下調べを殆どせず来日してから、現地で手元のスマホで検索して観光ブランを考える、といった方々も目立ってきました。
スマホなら母国語で検索する事が出来るため、初めて来日した人々にとっては現地のガイドブックや看板よりも楽に情報収集が出来ます。
一方でスマホ検索は万能ではありません。
上手く現地の情報がそれだけでは引き出せない事も多く、観光地の名所や名物が上手く探せず立ち往生する方々もいます。
そんな方々を見知らぬ土地で立ち往生させないためには、インバウンド翻訳のサービスが観光地周辺に必須となります。
観光客増加の特需を上手く取り込んでいる自治体や温泉地はインバウンド翻訳を早期から取り入れており、初めて来日する外国人観光客が迷子にならないように、手厚い看板と読みやすい英語表記、中国語表記のパンフレットを万全に用意しています。